どうも。間を開けてしまい大変申し訳ありません。実は更新していない間にHTL22を購入し、使って参りました。初めてのauでしたのでドコモと違うところに感動したり、困ったり、いろいろなことがありました。購入レポートはさせていただこうと思うのでもしよろしければお付き合いください。

 


話は変わって本日はKDDIデザイニングスタジオに初めてお邪魔させていただきました。

まず入るとiPhone 5s/5cがお出迎えしてくれ、少し奥へ行くとau冬モデルの複数機種が展示されていました。どの機種も一通り触ってきましたが自分はあくまでタイトルにもあるFJL22が目的だったので、今回はFJL22についてレポートさせていただこうと思います。

DSC01228
(ARROWS NXの箱ですが・・・。ARROWSつながりで。)

 まずは毎度おなじみ動画から。



そして外装を見ていきましょう!
IMAG0272

まずはフロントパネル。 今回は今までのARROWSとは印象が変わり、丸みがけっこうついていますね。

IMAG0273

今度は左側面。左側には上から順に音量↑↓、電源キーがついています。手前の方を見ていただくとわかるかもしれませんがクリアな感じになっています。さわやかで個人的には好きです。

IMAG0271
次は右側面。 こちらもクリアな感じがいいですね!今回はケースをつけていてもホルダーで充電できるようになっているそうです。(一部ケースを除く)

IMAG0274
手の映り込み、申し訳ございません。こちらは本体下部、microUSBコネクタです。今回はキャップレス化を実現。しかしそのためか防塵には非対応になっています。防塵とトレードオフにキャップレス化、利便性は高まりそうですね。

IMAG0275

そして裏面。やはりクリアな感じがアクセントになっているかと思います。

ARROWSということなのでMADE IN JAPANの文字もあります。 

IMAG0276

最後に上部。左側の穴はイヤホンジャック、右側のふたはSIMとSDを入れる部分となっています。 


実際に、触っていくうちに非常に興味深いことも有り、おもしろかったです。

まずはこれからです。

今回ARROWS Z FJL22では3G/4G LTE回線とWi-Fiを2つ同時に使うマルチコネクション機能に対応しています。
image

それをオンにすると、ステータスバー上のLTEのとなりにWi-Fiアンテナピクトマーク+モバイルネットワークのアンテナピクトのようなアイコンがでます。このときにはWi-Fiと3G/LTE回線が同時利用可能な設定になっているみたいです。

image
 

それと、ステータスバーを下に下ろしたとき、本体の設定を変更できるボタン(トグル)に、LTEのボタンがあります。(下の写真は機能入れ替えをしている様子)このLTEボタンを押すとLTEがオフになり3G回線でつかえるようになったりします。設定画面からわざわざLTEをオフにしなくてもこのボタンの設定さえしておけばLTEも簡単にオフにできそうです。

image
 

最後に、FJL22でのベンチマークを貼り付けておきたいと思います。

image


34254。まだチューニング段階の可能性もあるので今後どのようになるかはわからないところですが、さすがS800搭載、ということだけはありそうです。個人的にはARROWSを応援しているので、この数値が出たときにはびっくりしましたね。 

詳しいスペック・機能などについては友人のしょーや氏のブログに詳しく書かれているので良ければご参照を。

どこにでもいる高校生のブログ-どこブロ- au2013冬モデル スマホ5機種、ファブレット1機種、タブレット1機種スペック比較表!